内祝いのマナー

★ 内祝いのマナー

「内祝い」とは、もともと内輪のお祝いをおすそ分けするという意味。現在は、出産祝いのお返しを贈ることを意味します。出産祝いを頂いたら、1ヶ月以内を目安に、お返しの品物を贈ります。のし紙の表書きは「内祝」として、赤ちゃんの名前を入れて贈ります。お返しの金額の目安は頂いた品の2分の1〜3分の1です。

 

★ こんなときどうする?Q&A

Q:連名でお祝い金をもらったときでも一人一人にお礼するの?

A:品物や金額の大きさではなく、お祝いする気持ちを受け取っていることを忘れないように。そう思えばやはり、お菓子やハンカチ1枚でも、一人一人にお返ししたほうがいいでしょう。

 

Q:「お返しはいらない」と言われた場合のマナーは?

A:本当に親しい人ならば、その言葉が本音かどうかわかると思います。それ以外の場合は、本音と建前があるので、一応内祝いを贈っておいたほうが無難かもしれません。

 

 

産後のマナー&赤ちゃん行事のしきたり

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO