「出産報告」の書き方(メール)

相手の人が普段、インターネットや携帯電話のメールを利用しているのであれば、「出産報告」をメールで送っても構いません。ただし、メールは手紙・はがきと電話の中間にあたるもの。メールでも失礼にならない相手かどうかの判断はしましょう。メールは手紙ほど形式ばったものではありませんが、正確なメールアドレスの入力、携帯電話なら送信時間の配慮など、メールならではの気をつけるべきことがあります。

★ 何を書けばいいの?

@送り先

相手のメールアドレスは間違えないように入力しましょう。送信後に送受信ボタンを押し、エラーで返ってきていないか確認しましょう。

A件名

本文の内容が一目でわかる件名をつけましょう。また、頻繁にメールのやり取りをしていなかった相手には、件名欄に自分の名前も入力すると◎。差出人がすぐにわかるので先方も安心してメールが開けます。

B宛名

誰にあてた内容なのかを記載します。友人など親しい相手へ送る場合は、下の名前だけでも構いません。

Cあいさつの言葉

相手がいつ読むのかわからないだけに、時間を表す言葉は避けて、相手を気遣う言葉を入れましょう。

D用件・本題

1行の字数が多すぎると相手が読みづらいので、適度に改行を入れましょう。内容のまとまりごとに1行空けるなど、空間に配慮すると相手が読みやすいですよ。

E締めくくりの言葉・差出人

今後のお付き合いにつなげる言葉や相手の健康を祈る言葉で締めくくり、最後に差出人名(署名)を入れます。メールでのやり取りが頻繁でない相手には、住所も記載しましょう。

 

妊娠・出産に関するマナー

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO