贈り物のマナー

★ 贈り物のマナー

贈り物が好きな人、「お互い様だから、贈り物は省きたい」と合理的に考える人など、考え方はさまざま。相手の立場に立って、心境・好み・タイミングを考えて贈りましょう。贈り物は気持ちの交換です。高価な品より、1枚のカードのほうが喜ばれることもあります。

★お年賀とお年玉 ・・・ 親戚や上司など、日ごろお世話になっている人へ新年のあいさつに伺う際には、「お年賀」と表書きした贈り物を持参します。お年玉の額はそのこの1ヵ月の小遣いが目安です。おめでたい図柄のポチ袋に入れて渡します。


★お中元とお歳暮 ・・・ 半年に一度、両親・仲人・親戚・お稽古事の先生など、お世話になっている人に感謝の気持ちを伝える贈り物です。年に一度だけ贈るならお歳暮を贈りましょう。普段の会話などから察して、喜ばれそうなものを考えて選びましょう。


★現金を送るときのマナー ・・・ 慶事には、新札で贈るのがマナーです。ですが、弔事の場合「あらかじめ用意していた」と思われかねないので、新札はタブーです。市販の袋を使用する場合は、用途と包む金額に見合った袋を選ぶことが大切です。


 

★ こんなときどうする?Q&A

Q:誰に贈っても無難に喜んでもらえそうなものは?

A:季節のお花は誰がもらっても嬉しいものです。お店の人に、予算と贈る相手、贈る目的などを伝えて選びましょう。

 

 

妊娠中・産後に役立つ★その他のマナー

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO